spending of my life for happiness

楽しくて、可愛くて、きになるものをたくさんみつけたい!と思ってる、WEBにもっと詳しくなりたい87年生まれ。

エモすぎてクセになるなる!CY8ERのNEWGENE TOUR FINALにいってきた

 

行くのを躊躇っていた5/2PMの自分を本当に殴ってやりたい。

先々月、ららぽーと柏の葉の無銭にお邪魔したCY8ER。あれから早2ヶ月、とうとうワンマンの日になりました。

そんなあっという間の当日を迎えて、会社寒すぎて動けないし、天気悪いし、具合も良くないし、お昼も食べれなかったし…とウダウダしてるなか、先輩に背中を押されて思い切って18:30に会社を脱出。

 

マジで行ってよかったよ(´;ω;`)

 

昼間にウダウダ悩んだのが嘘みたいに本当に行ってよかったし、行ってなかったら後悔してた。そんなCY8ERの渋谷O-EASTライブのお話。

 

f:id:sa4533:20180507090541j:image

 

 

10分押しでスタート。しかし、期待感しかないオープニング。最高。

ツイートでも書いている通り、ライブハウスで映像や音の環境が整っている中のCY8ERは超カッコいい。

O-EASTも比較的見やすい会場だから、入り口付近だったけど全然見えたので、かっこよさもしっかり堪能できたという。

 

なので、オープニングのあとも、しっかり見れたよ。

はくちゅーむもだし、

 

手と手も。

 

他にもすこーし撮ったけど、曲名わからなかったりなので、割愛。

ごーしゅー3連続も最高すぎたね。回を重ねるごとに高まるし、だんだんと積み重ねられていく高揚感がすごかった。

 

アンコールには新曲が2つ。


横浜アリーナでのライブに向けての道のりをファンに語っているような曲で、柔らかくて優しい曲。

その後の曲も新曲なのかな?ファンの人の反応がちょっと薄めだったけど、大好きなキラキラ感が強い曲で最高すぎた。

→というのを終わった直後に書いてメモってそのあとツイッター探ったら、二曲目もやはり新曲だったみたい!

 

 

 

こんな人にオススメ!CY8ERのライブ

好きすき!言ってはいるものの、上述の通り恥ずかしながら曲名が全部わかっているかと言われたら、正直わからないものも多い。でも、一曲すきなら全部好きになれる、それがCY8ER

 

全部曲わからなくても、心地よくてその場にずっと居られる。これってある意味すごいことじゃないですか?

かつてPerfumeに曲から入っていった人がいたと言われているように、CY8ERでも同じことが起きてる可能性もあるんじゃないかなぁと勝手におもったりしてる! 何故なら、後ろの方で、特段コールもせず、そしてサイリウム持たずに気持ち良くノッてる人もたくさんいたから。

 

8/2には新木場スタジオコーストでのワンマンも決まって、着実に夢を叶えていっているCY8ER。セルフプロデュースでここまでできるのは素晴らしすぎる。

ライブハウスでもあり、クラブでもあるあのハコで、どんなステージになるのか、ただただ楽しみ。

 

 

最後に。たまたまツイッターをみていて、ふと思ったことがあるので書きます。

今回、なぜCY8ERのライブでエモさを感じたのか。その答えに近いものが、昨日の嘉島さんのnoteにあった。

嘉島さんの記事はエモい文の書き方の見解について書かれているけど、それが今回のライブで感じたエモさに通ずるところがあると感じている。

 

それこそ嘉島さんの記事内にあるように、私は頭の中で「固有名詞」が浮かんだからだと思う。いろんな情景が、切り替わっていった。いろんな情景、それは紛れもなく、固有名詞が連なってるものだと思う。

 

見た目やキャラクターや方向性はまったく違うけれども、私はこの日のCY8ERのライブが昔のPerfumeに重ねるところが多々あった。Perfumeの「願い」「wonder2」に近い曲だなとか、2009年の横アリの時に感じてた気持ちに近いな、とか。

 

キラキラさと切なさが重なるところが、社会人になった頃のあのシーンに近いな、とか。

 

昔見た、感じた、何かと重なる時、それがエモさなのかもしれない。それに気づかせてくれた嘉島さんの記事に、心から感謝。紐解けて、すっきり。よく寝れそう。

 

ただ、エモさとは、沈むことがデフォルトな世界で、それでも結構幸せに生きている若者たちの心情を表す側面を持つのだと思う。

これも、まさにCY8ERちゃん。他に当てはまる方々もいるだろうけど、少なくともCY8ERちゃんやファンにも当てはまる気がしている。最後のMCで、アンナちゃんが言ってたセリフとも、かぶる。

 

なんとも言えないエモさが言語化できた、今この瞬間がエモい。