spending of my life for happiness

楽しくて、可愛くて、きになるものをたくさんみつけたい!と思ってる、WEBにもっと詳しくなりたい87年生まれ。

永遠なんて本当にないんだと痛感したのがPASSPO☆解散のニュースだった。

 

f:id:sa4533:20180926095821j:image

ああ、この感動からももう1ヶ月以上が経ってしまっていて、日に日に記憶が薄れて行ってしまうことが切ない。楽しい記憶も全部が全部覚えていられるわけではないから、どんなに拙い言葉でも残せるものは残して置くべきだなって今すごく反省をしている。 

そんな気持ちに駆られているのは、アイドルPASSPO☆のラストフライトに行ってきたというお話です。

 

初フライトにして、ラストフライト☆

思い起こせばそれは5月の出来事でした。PASSPO解散というニュースが私に飛び込んで来たのは5月のある日だった。今でも忘れられない。その日は夕方から会社のオフサイトがあって、会議室にみんなでこもってた。その休憩時間にツイッターを見ていて、ナタリーか何かの記事でたまたま見つけた。

まさか…まさかすぎるというのが率直な感想でした。熱心なファンではなかったけれども、アイドルヲタクをやっているなら知らないはずがないPASSPO☆。そのPASSPO☆が解散するなんて思ってもいなかった。いや、熱心な人であればもしかしたら気づいていたのかもしれないけれども、そうでない私は寝耳に水すぎて、現場で一度も見れてないまま終わってしまうのは嫌だなあと思い、すぐに行動に。

 

その時点で公表されていたツアーの最終日を以って解散とのことだったので、速攻でチケットを確保。オフサイトそっちのけで、イープラスで購入。当日は満員で、立ち見もものすごかったんだけど、そう考えるとこの時に取っていた自分を褒めてやりたい。

 

こんなにいいライブあるの!?☆

ってくらい最高でした。仕事の関係で18時に中野駅につくという失態をおかしてしまい、到着した時には1局目の「Let It Go」がすでに始まっていた。正直ちゃんとしっているのは、このLet It Goと少女飛行くらいだったのだけど、どの曲も本当にかっこよくて可愛くて、なんでこんなに力がある人たちが解散しなければならないんだろうっていう気持ちにいっぱいになっていった。

 

メンバーの個性も強くて、本当に本当に可愛くて綺麗なのに、面白いことも全然するし、どちらかというと口はあまりいいほうじゃないしw、それでも応援したくなる要素がたくさんあった。でも解散しちゃう。なんで…と。そんな気持ちがずっと頭を駆け巡ってた。

でも、そう思う反面で、そう思ったのならばなぜもっと現場に足を運ばなかったんだと。地方在住だったり、仕事や学校の都合でライブには行けないって人も中にはいるはず、そういう人は仕方ない。でも、少なくとも私は違った。そうであれば、もっともっと現場にいって楽しんでいるべきだったんじゃないか、とかとかそんなことがかなり頭をよぎったのも事実。本人の頑張りだけじゃどうしようもできない部分もあるだろうから、そういう時こその我々ヲタク、って思ってただただ反省の気持ちでいっぱいになってしまった。

 

正直バンド編成を取っていたことも、この日のライブで初めて知ったの。こんなにもガチで弾ける人たちなんだってことも全然知らなかったし、しかもみんなめっちゃ上手だし、もりしは唄うまいし…。すごい才能をみんな持っているだけに、本当に解散が惜しい。個々になったときにめちゃめちゃ目立てるかっていったら、正直みんなそうでも無いと思う。だからこそ、PASSPO☆って形で存在できることがメンバーみんなにとっての幸せなんじゃないかとか勝手に思っていたけど、なかなかそれは難しいみたいだ。。。

 

正直これ以上の記憶はありません。あ、バンドで聴いた少女飛行は号泣した。2018年の中でも3本指にはいるくらいとってもとってもいいライブでした。それだけは言える!!!!!!!!!!!ラストフライトに参加することができて、本当によかった。

 

展示もあったよ☆

f:id:sa4533:20180926095808j:image

会場のいたるところに小物たちが。


f:id:sa4533:20180926095818j:image

こんな感じ。


f:id:sa4533:20180926095811j:image

歴代の衣装もある!!!こんな乱雑に展示で平気かな?ってくらい、しれっと展示されてたw


f:id:sa4533:20180926095814j:image

凝ってて本当に可愛い。展示といえば、セットリストもどこかに貼ってあったみたいなんだけど、まんまとそれを忘れてしまった。ああああああ、無念。

 

 

最初のオリコン1位の印象が強すぎて、そこから先がなかなか目が出にくかったっていうのは事実としてあるとは思う。それでも、途中で方向転換をしながらも、メンバーを補充することなくやってきたグループ。新メンバーを追加する傾向にある昨今のアイドル業界の中でも珍しいパターン(それこそ最初は10人いたからたいへんだったんだろうな…)。最後は7人だったけど(それでも多い説はあるけど)、補充なしで最後までオリジナルメンバーでフライトを続けたことが素晴らしいと思う。

 

またどこかのタイミングでPASSPOの曲を聴きたいです。まずは、もりしとあいぽんの活動に期待。

9年間本当にお疲れ様でした!!!!!